ある程度の年齢になったら自分の葬儀を考えよう

ある程度の年齢になったら自分の葬儀を考えよう

葬儀の中で世界各地でみられる風葬

人が亡くなった際にとり行われる葬儀がありますが、国や地域によって様々な特徴のある葬儀が数多くあります。その中でも世界各国でみることができる珍しい葬儀の種類として風葬があります。風葬の方法ですが、亡くなった人の身体を風にさらすことで風化させていくという方法となります。風化させる場所ですが、地域によって違いがあり洞窟の中だったり崖の上や平野の風葬用の場所などが設けられている場合などがあります。インドネシアで行われる風葬では岩壁に穴をほり、その穴に遺体を立て懸ける形で風葬がおこなわれています。

風葬が執り行われるようになった習慣は、多くは宗教的な考えなどが多くあります。亡くなったあと魂は解放され、体は風にのって自然へ返すといった考え方などがあります。それ以外に風葬以外の葬儀方法が難しかったという理由などもあります。火葬するための火葬施設が確立しなかったり、埋葬するための土地がなかったりといった理由などもあります。日本でも沖縄地方の一部では風葬が執り行われていましたが、現在では行われなくなりました。理由としては衛生面の問題などから徐々に数が減っていき、今では埋葬方法としては火葬が主流となっています。

おすすめサイト