ある程度の年齢になったら自分の葬儀を考えよう

ある程度の年齢になったら自分の葬儀を考えよう

葬儀の直葬のメリット

葬儀を執り行うとなれば、気になるのは必要となる費用ではないでしょうか。一昔前ならば、多くの人が参列する一般葬を執り行う事が当然でしたが、近年では身内だけで行う家族葬もあり、選択肢は豊富になりました。その中で最もシンプルとなるのが直葬です。直葬は通夜や告別式を行わないので葬儀とは言いませんが、手軽で負担も少ないことから人気を集めています。直葬ならば、金銭面で余裕がない場合にも、負担が少ないというのは大きなメリットです。

近年数を増やしているのが、直葬です。葬儀を執り行わないということもあり、賛否両論ありますが直葬にはその他の葬儀にはないメリットも多々あります。金銭面での負担が少ないというのはもちろんですが、参列者に挨拶をしなくてはならないこともないので、精神的な負担もかなり軽減されるのが最も大きなメリットといえるのではないでしょうか。葬儀を執り行えば、その日のみではなく後日香典返しをしたりしなくてはなりませんが、直葬ならばその手間も省くことができます。葬儀にこだわらない場合には、直葬を選んでも良いのではないでしょうか。今後も直葬の需要は増えていくことは間違いないと言えることは確かとなっています。