ある程度の年齢になったら自分の葬儀を考えよう

ある程度の年齢になったら自分の葬儀を考えよう

ベースになっているのは従来の仏式の葬儀

自由葬が定着してきましたが、ベースになっているのは従来の仏式の葬儀です。これに少し自由な部分を加えます。通夜と葬儀と2日あるうちの1日を仏式で行って、もう1日を自由葬にすると言うケースがポピュラーになっています。ただ、仏式をアレンジした自由葬を希望する場合は、必ず寺院側に了承を得なければいけません。昔は自由葬は断られることもありましたが、今では故人や遺族の意志を尊重して、了承してくれることがほとんどです。こうした宗教者の対応の変化も、自由葬が広まる一因になっています。また、自由葬では遺族や故人の友人などが歌を歌ったり、楽器を演奏することが多いです。

故人が好きだった音楽を、会場のBGMとして流すことも今では当たり前のようになってきました。自由葬においては、祭壇や遺影はもちろんのこと、音楽もしっかり選んでおくことが必要と言えるでしょう。今や、音楽は自由葬に欠かすことができない重要な要素となっています。ただ、あまりにも従来の葬儀とは違うので、とくに高齢の親族からは自由葬を反対されることも珍しくありません。故人の強い意志であれば、それをきちんと伝えなければいけません。毅然とした態度も必要です。

おすすめサイト