ある程度の年齢になったら自分の葬儀を考えよう

ある程度の年齢になったら自分の葬儀を考えよう

どのようにでもプロデュースできる葬儀だが

自由葬とは、どのようにでもプロデュースできる葬儀のことです。しかし、葬祭のノウハウがない素人がプロデュースをするのは無理でしょう。葬祭業者の力を借りなければ自由葬は成功しません。自由葬は葬祭業者の力を借りずに行うものと言う人もいますが、それは違います。ただ、自由葬を希望する場合は、葬祭業者選びはかなり慎重に行わなければいけません。言うまでもありませんが、生前から探すのが基本です。10軒以上の葬祭業者をまわって、やっと理想の担当者に会えたと言う人もたくさんいます。選定には時間をかけなければいけません。

そして、良い担当者にめぐり会えたら、意思の疎通をはかることが大事です。誰も亡くなっていないのに、担当者と話をすると言うのは、昔はタブーでした。しかし、自由葬は誰かが亡くなってからでは、準備をすることは非常に困難です。自由葬の事前の準備は、担当者とのコミュニケーションから始まると考えておきましょう。また、自由葬と言うと、音楽葬と言うイメージを持っている人も少なくありません。しかし、自由葬は音楽葬や無宗教葬など、パターンのことを指すのではありません。オリジナルの葬儀をつくることが、自由葬になります。

おすすめサイト