ある程度の年齢になったら自分の葬儀を考えよう

ある程度の年齢になったら自分の葬儀を考えよう

心に残る葬儀だと感じてもらうために

自由葬がかなり広まってきましたが、まだまだ新しいスタイルなので不安と言う人もいるでしょう。事前に、自由葬に関する情報をたくさん集めることです。知っておきたいことは山ほどありますが、自由葬は会場の雰囲気が印象を大きく左右すると言うことを分かっておきましょう。明るくて雰囲気の良いホールを持っている葬祭業者を選ぶのがベストです。故人との最後の別れの場になるのですから、会場選びにはしっかりと時間をかけましょう。また、自由葬では参列者に何かしら参加してもらうプログラムを盛り込むことが珍しくありません。

たとえば、楽器の演奏や歌を歌ってもらうことがあります。最近の自由葬は音楽を絡めることが多くなりました。楽器の演奏や歌を歌ってもらいたい人には、しっかりと準備をしてもらわないといけません。できる限り早く依頼するようにしましょう。また、メモリアルコーナーは自由葬に欠かせませんが、そこに飾る鶴などを折って参加してもらうと言うのも割とポピュラーです。また、故人の生前の様子をみんなの前で語ってもらう時間を設けると言うのもよくあります。こう言う風に参列者も葬儀に参加できると、心に残る葬儀だと感じてくれることでしょう。

おすすめサイト